CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
喫茶にじのまど
平日 /08:00-18:30
土日祝/10:00-18:30
水曜定休日

189-0014
東京都東村山市本町4-13-5,1F
042-395-8841


西武新宿線/久米川駅近く、空堀川沿いにある「喫茶にじのまど」のブログです。
ここでは期間限定メニューや健康についての記事をのせています。
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES


PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
 
喫茶にじのまど*おいしいお茶と本のギャラリー
<< 報告:4周年記念イベントを開催しました。 | main | 10 秋の限定ドリンクメニュー >>
お知らせ:朗読劇「夕張―炭鉱街の記憶」
日時:10月3日(日) 13:00/17:00(2回公演)
会場:東村山市立中央公民館ホール
料金:1,500円(全席自由・未就学児入場不可)
東村山市内の各公民館窓口で販売中
事前予約で保育有り(各回先着順12名定員)
主催:東村山市教育委員会公民館 プロジェクトカンパニー地域の記憶

東村山市ホームページ内のご案内↓
http://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/
~kakukaweb/051000/cyuuou/zigyou/index.htm


プロジェクトカンパニー地域の記憶ブログ↓
http://sun.ap.teacup.com/chiiki/

東村山市民もワークショップに参加してつくりあげた朗読劇。
かつて炭鉱の街であった夕張の「地域の記憶」がよみがえる舞台です。
朗読劇のくわしい内容は、舞台に立たれるクマさんから届いたコメントをご参照ください。




 
| お知らせ | 19:37 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:37 | - | - | pookmark |
朗読劇 「夕張―炭坑街の記憶」ですが

一体どんな内容なの?と聞かれることが多いので
私クマがあらすじを

夕張市が財政破綻する前、明治から昭和にかけて、夕張は全国でも有名な
炭坑の町でした

石炭採掘が最も盛んだったころには12万を超える人口

この物語は昭和56年に起こった北炭夕張炭鉱事故を基にした
フィクションです

「今日も炭坑の街には笑い声や、夫婦喧嘩、子供たちの声があふれていた
いつもと変わらないのどかな日常・・・

午後3時、平和が一瞬にして崩れ去った
メタンガスの噴出で起きた落盤事故で多くの炭鉱夫が坑内に取り残された
無事に地上にたどり着いたものたちは、仲間を救うため再び地下へと・・・
そして二次災害、メタンガスに火がついた!
火は5日間燃え続け、いまだ衰える様子もない

残された家族たちに迫られる、非情な決断

あなたの知らなかった夕張の街が、今目の前に現れます」


| クマ | 2010/08/31 5:44 PM |









http://nijimado.jugem.jp/trackback/59