CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
喫茶にじのまど
平日 /08:00-18:30
土日祝/10:00-18:30
水曜定休日

189-0014
東京都東村山市本町4-13-5,1F
042-395-8841


西武新宿線/久米川駅近く、空堀川沿いにある「喫茶にじのまど」のブログです。
ここでは期間限定メニューや健康についての記事をのせています。
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES


PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
 
喫茶にじのまど*おいしいお茶と本のギャラリー
本のギャラリー:画家モネへのいざない

クロード・モネの名前を聞くと、印象派を代表する画家で、「睡蓮」を描いた人と言うとイメージが浮かぶ人がおおいのではないでしょうか?

光の表現を探求した風景画は見る人を爽快な気持ちへといざないます。

世知辛い世の中、モネの作品たちに出会い、心をリラックスしませんか?

そのための第一歩、作品を身近に感じる豆知識をご紹介します。

 

本のギャラリーでは10月末まで、絵ハガキを中心に、モネの絵の世界をお伝えしています。来店の際にはご覧ください。

また、箱根ポーラ美術館では11月3日(火・祝)まで特別展が開催されています。見ごたえたっぷりです。機会があればお立ち寄りください。

 

★オスカー=クロード・モネの生涯

 1840年フランス・パリ生まれの画家。

 5歳でパリを離れ、英仏海峡を臨む海辺の街で育つ。

 19歳でパリにて若き画家たちと交流し絵を描く。

 公的な場での評価は得られず、貧しい生活を送る。

 30歳頃から絵が売れ始める。

 34歳の時に画家仲間たちと第1回印象派展を開催。

 印象派に対する評価は芳しくなく、不況の波にも のまれ、

 深刻な経済難に陥る。

 40歳後半になりアメリカで絵が売れ始め、

 連作「積み藁」で評価が高まる。

 50歳代になり名声を手に入れ、

 ノルマンディー地方の ジヴェルニーに家と土地を手に入れる。

 「花の庭」「水の庭」を造り、絵のモチーフとした。

 86歳で亡くなるまで代名詞の「睡蓮」を描き続ける。

 

★モネの絵の特徴

 自然の中の外光の美しさに魅了され、場所や時間、そして主題を変えながら刻々と変わる光が生む効果と色彩表現を追求し、「連作」という手法を見出した。

 

★日本からの影響

 19世紀後半のパリは日本ブームに沸き、多くの画家を魅了したのが浮世絵である。モネも浮世絵の収集を行っていた。

 浮世絵は従来の西洋絵画史では珍しい「連作」や睡蓮のモチーフとなった「睡蓮の庭(日本庭園)」に大きな影響を受けた。

 

★印象派  

 19世紀後半のパリで起こった芸術運動。

 価値の高いとされる絵の描き方に反して、屋外でパリの風俗や風景をテーマにして、筆跡を残すような描き方をした。

 画家仲間で独自にグループ展を開催し、そこに出展した画家たちを印象派と呼ぶ。モネが第1回印象派展に出展した「印象・日の出」の絵がきっかけで、印象派という名前が定着していった。

 

★睡蓮

 自分で造園した「水の庭」にある睡蓮をテーマにした作品群は約300点にもなり、 全作品の1/7を占めている。

 睡蓮を通して自らの絵を探求していった。

| 本のギャラリー | 16:15 | comments(0) | - | pookmark |
本のギャラリー:飲んでみよう!地元の紅茶!

最近、国産紅茶をスーパーの店頭でも良く見かけるようになりました。

東京都内でも作られ「東京紅茶」という名前で販売されています。

最初に飲んだ時は香りの高さと後味のすっきりさにびっくり!

おいしい身近な紅茶を味わってみませんか?

✤5月は「東京紅茶」を店で飲むことができます

 

🍂東京でお茶の栽培?

不思議に思うかもしれませんが、東京都の隣県である埼玉県は

狭山茶の産地として有名です。

隣接する多摩地域でも狭山茶の栽培が行われ、

この茶葉を利用して紅茶が栽培されているのです。

 

🍂国産紅茶って?

和紅茶や地紅茶とも言います。 特徴として渋みが少なく甘みがあります。

明治に入り、日本でも紅茶が栽培されましたが、戦後に輸入紅茶が大量に出回りすたれていきました。しかし、1995年に日本の風土に合った"べにふうき"という品種が開発されてから、全国で紅茶の栽培が盛り返しています。

 

🍂東京紅茶とは? 

東村山市の隣の東大和市清水町にある「木下園」で紅茶が作られています。

東京特産物加工品の認証を受けている「東京紅茶」は、

東京狭山茶の茶葉から作られた紅茶です。

特徴…フルーティーで香りが高い。

   緑茶由来の独特の甘みのあるすっきりとした後味。

   紅茶独特の渋みをあまり感じない 。

   紅茶が苦手な人でもストレートでも飲みやすい 。

   色は赤く透き通るようなオレンジ色。

東京紅茶

 

🍂狭山茶とは

埼玉県の入間市・所沢市・狭山市を中心としたエリアと、

隣接する東京西多摩で生産される茶葉。

「狭山火入れ」という独特な製法でつくられる。茶を仕上げる工程で、

高温で乾燥させるため、独特の香ばしさがある。

茶畑

| 本のギャラリー | 21:13 | comments(0) | - | pookmark |
本のギャラリー:面白企画、小説「螺旋プロジェクト」

昨年、“「螺旋(らせん)」プロジエクト”という8作家による文芸競作企画の単行本が発売されました。

古代から未来までの日本で起こる「海族」と「山族」の対立を主テーマにした小説です。

テーマだけを揃える一般的なアンソロジーとは違い、「対立」という物語の構造を全作家で共有し、作品作りが行われました。 ひとつひとつが登場人物も時代背景も異なり独立した物語でありながらどこかしらつながっている、不思議な感覚を与えてくれる小説たちをご紹介しています。合わせて、ご紹介した作品が掲載されている中央公倫社の企画雑誌「BOC」を数冊展示中。興味のある方はぜひお手に取ってご覧ください。 

 

<プロジェクトの発起人は伊坂幸太郎>

2013年12月、中央公論新社の編集者が雑誌で、複数の作家が様々な年代を描く、「年表企画」をやりたいと伊坂幸太郎に持ちかけました。伊坂は「テーマだけアリバイ的に揃えるのではなくて、構造まで揃ったアンソロジーがやりたい」、「対立という物語の構造を全作家で共有しよう」と、自ら「企画書(他の作家に依頼する際の拠り所)」を作成し、人気作家たちのプロジェクト参加を導きました。

 

<参加した作家と著書名>〜年代順に紹介〜

大森兄弟…原始「ウナノハテノガタ」

澤田瞳子…古代「月人壮士(つきひとおとこ)」

天野純希…中世・近世「もののふの国」

薬丸岳…明治「蒼色(そうしょく)の大地」

乾ルカ…昭和初期「コイコワレ」

伊坂幸太郎…昭和後期「シーソーモンスター」

朝井リョウ…平成「死にがいを求めていきているの」

伊坂幸太郎…近未来「スピーンモンスター」

吉田篤弘…未来「天使も怪物も眠る夜」

 

<全作家が参加する会議を開催>

8組9名の作家が東京に集まり、自分たちがどんな話を書くのかを話し合いを持ちました。

 

第1回目…伊坂幸太郎がざっくり作った設定とか 資料を配布しました。  

第2回目…共通のモチーフをみんなで話し合いました。  

第3回目…プロット(物語の設計図のようなもの)発表会。

 

このように定期的に会議が開催され、作家同士の活発なコミュニケーションがあり、各作品が独立した物語でありながら、読めば読むほど細部が反響し合い、細かなリンクに気づきます。

連載第6回では、「夕暮れ」「『対立』についての対話」「何かがこわれる・こぼれる」「渦巻きのイメージを入れる」の4つの“縛り”を設け、全作家が“縛り”の中で物語を書き上げ、遊び心と裏腹の挑戦心も見せました。

 

<ルールが3つ決められている>

 ルール1  「海族」と「山族」、2つの種族の対立構造

 ルール2  全ての作品に同じ「隠れキャラクター」を登場させる

 ルール3 任意で登場させられる共通アイテムが 複数ある        

| 本のギャラリー | 16:52 | comments(0) | - | pookmark |
本のギャラリー:心を旅するヨーガ

昨年2月に特集した運慶作の「無著菩薩立像・世親菩薩立像」(実在したインドの兄弟僧)について調べていると、瑜伽(ユガ)=ヨーガとの深く結びつきを知りました。 現在ヨーガと言われると、ダイエットや健康維持などのキーワードが頭に浮かびます。仏教と関連があるなど思いもしませんでしたが、仏教はヨーガの影響を強く受けていました。全くヨーガを知らなかったので、11月からの特集として取り上げました。興味のある方は来店時に展示をご覧ください。

 

*ヨーガの歴史

文献の中で初めて「ヨーガ」の語が登場するのは紀元前400年頃に成立したと言われる宗教哲学書の1つ『カタ=ウパニシャド』です。インドの人々が恐れた輪廻を断ち切る手段としてヨーガは書かれています。

紀元300年〜600年、古典ヨーガの修行書である「ヨガ・スートラ」が編集されます。修行の目的は瞑想などにより深く集中し、自分とは何かどう生きるか、といった自分の答え(真我)を見つけ、悟りを目指すものでした。 釈迦は「ヨーガ」修行も行ったとされ、仏教にも「ヨーガ」が大きな影響を与えていたと思われます。

古典ヨーガで悟りの境地に達するのは難しく、そこでポーズと呼吸法に重点を置いたハタ・ヨーガが生まれます。現代広く親しまれている「ヨーガ」はこのハタ・ヨーガから発生していきました。

 

*瞑想とは〜ヨーガそのもの〜

古典ヨーガの修行書である「ヨーガ・スートラ」では「ヨーガとは心の止滅なり」と冒頭に明記されています。 “心の動きの止滅”とは 心を静め、心を制御し、心を味方につけること。 これを行うことが瞑想であり、ヨーガの目的です。

「瞑想」は外からの刺激や自分の中で沸き上がる不安や雑念から心を閉ざし、自分に集中して本来の自分を見つめ“本当の自分とは何かに気づく”行動そのものです。

ヨーガに沢山のポーズがあるのは、ポーズをとることで自分に集中しやすくなるからです。座った姿勢や寝た姿勢でからだをリラックスさせて自分に集中するのも良し、難しいポーズに挑戦して自分のからだと向き合うことで結果として自分に集中するのも良し。自分に合った方法で本来の自分を知っていく。それが「瞑想」なのです。

 

*ヨーガと唯識思想

仏教の開祖である釈迦は6年間ヨーガの修行を行い悟りを開いたと言われています。ヨーガが仏教に影響を与えたのは間違いありません。

そして、ヨーガの実践から説かれたのが仏教の唯識思想(ゆいしきしそう)と呼ばれるものです。冒頭で紹介した無著・世親の兄弟僧⇒玄奘(三蔵法師)⇒玄奘の弟子に引き継がれ法相宗が起こり日本へと伝えられました。法相宗の興福寺に無著・世親の仏像があるりは必然なことがよく分かります。

唯識思想は「唯だ」あるのは何か、という追及の末にすべての存在の構成要素は心の中に認識されて初めて成立するという考え方です。

例1)ピラミッド⇒⇒

  ⇒⇒唯だ岩石が存在しているだけ 「ピラミッド」とは心が作り出した幻

例2)自分は存在しない⇒⇒

  ⇒⇒唯だ手や足など60兆の細胞で構成 されて存在しているだけ

    「自分」とは言葉で説明ができない 本来は自由な心なのに様々に縛り付けられ不自由になった心を再び自由へと導くことを目指します。

| 本のギャラリー | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本のギャラリー:ラグビーを見てみよう!

今年9月20日に日本で開幕する第9回ラグビーワールドカップ。

4年に1回開催されます。

前回イギリス大会では日本代表が南アフリカに勝ち大金星をあげて話題となりましたが、強豪国同士の戦いは手に汗握る白熱した激しい試合が繰り広げられます。

これを機会にぜひ、ラグビーを知り、熱戦を見てみてはいかがですか?

本のギャラリーでは関連の展示に合わせて、30問クイズ(限定30名)も実施します。ぜひチャレンジしてみてください。

 

★ラグビーとは

楕(だ)円形のボールを奪い合い、「ボールを持って走る」「ボールを蹴る」「密集を押し込む」いずれかの方法で前進しながら相手陣の得点エリア(インゴール)を目指します。得点はインゴール内でボールを地面につければトライとなり5点入るほか、キックによる得点があります。どちらが多く得点したかで勝敗が決まります。

 

★ラグビーの主な特徴

・ラグビーは15人で行う(フォワード8人・バックス7人)

・試合時間は前後半40分(休息10分)で80分

・ボールを仲間にパスする時は、自分より真横か後方へ

・プレーヤーがボールを前方に落とすと反則

・タックルしてもいいのはボールを持っている選手にのみ

・タックルを受けて倒れた選手は、すぐにボールを離さなす

・軽い反則が起きた場合、選手同士が組み合い試合を再開する独特な方法をスクラムと言う

・危険な反則行為はイエローカードが提示され、同時にシンビンという10分間の退場処分となる。

・イエローカード2枚又はとても危険な反則行為はレッドカードで退場処分となる。

 

★ラグビーの歴史

ラグビーの発祥はイギリスです。 1823年イギリス・イングランド北西部にあるラグビー校でフットボール(この時のルールは手で持っても良いが足で蹴ってボールを進めるというもの)の試合中、エリス少年がボールを持って走ってしまったというのが伝説として語り継がれています。

フットボールはのちにラグビーやサッカーなどに枝分かれしていきますが、ラグビー校でルールが整備されていったものが現在『ラグビー』と呼ばれる競技になりました。

日本にラグビーが入ってきたのは1899年(明治32年)。 慶応義塾大学のイギリス人講師E・Bクラークによって伝えられたことに始まります。大正時代に一気に大学を中心にラグビー部ができ、昭和にかけてラグビーが発展して行きました。

 

★日本代表の試合日程

9月20日(金)19:45「日本」対「ロシア」(開幕戦)

9月28日(土)16:15「日本」対「アイルランド」

10月5日(土)19:30「日本」対「サモア」

10月13日(日)19:45「日本」対「スコットランド」  

| 本のギャラリー | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本のギャラリー:関ケ原の戦い

「関ケ原」と聞くとパッと思い浮かぶのは、天下分け目の戦いと言われる「関ケ原の戦い」ではないでしょうか? 幾度も小説やドラマ、そして映画で取り上げられました。様々な視点から語られる「関ケ原の戦い」は同じ人物であっても、書かれる立場によって相反する記述も多くあります。多くの物語に触れるにつれて、最近、逆に「関ケ原の戦い」がよく分からなくなったように感じます。物語から離れて、「関ケ原の戦い」を見つめ直してみた特集です。

本のギャラリーでは5月から関連本の展示などを行っています。詳しく知りたい方は展示をご覧ください。

 

☆彡関ケ原という場所 (参考文献:本郷和人著「壬申の乱と関ケ原の戦い」)

「関ケ原」は古くから東と西がぶつかり合う場所でした。

西は交易が盛んで農業性が高く比較的豊かでした。一方東は農業性が低く貧しい辺境の地であり教養のない野蛮人が住んでいると蔑んでいました。 壬申の乱(天武天皇が起こした内戦)〜戦国時代にかけて、「悪い奴は東からやって来る」という朝廷の意識があり、中山道(旧東山道)の要所である関ケ原の手前に壬申の乱後にしばらく不破関を設けるなど、重要な拠点でした。 しかし、江戸時代になると中心が東へと移動し、敵は西から来ると意識が変わり、関ケ原の防御ラインとしての重要性は低下しました。

 

☆彡関ケ原の戦いとは  

慶長五年(1600年)に豊臣側の石田三成を中心とする勢力と徳川家康を中心する勢力とで行われた戦いです。 広義の「関ケ原の戦い」とは日本各地で行われた戦いをさします。狭義の「関ケ原の戦い」とは不破の地で行われた戦いをさします。 石田三成は最初、尾張と三河の国境線で戦う構想を持っていたようですが、福島正則が岐阜城を1日で落城させて進軍してきたため、決戦の地として関ヶ原を選びました。この戦いは徳川家康の勢力が勝利します。

 

☆彡脚色された戦い(参考文献:白峰旬著「関ケ原合戦の真実む」)

「関ケ原の戦い」と聞いて私たちが思い浮かべるのは、小山評定や問鉄砲など多くの名場面。しかし、勝者である徳川家康からの視点であり、私たちは無意識に洗脳され、歴史的事実であると錯覚してきたのではなでしょうか? 今、一次資料(戦いを記述した書状や日記など)による本当の「関ケ原の戦い」を考察する取り組みが進んでいます。

 

〈おなじみの関ケ原の戦い〉

‘狙邁塙が直江兼続(上杉景勝の重臣)の挑発した書状(直江状)内容に激怒して上杉討伐の命を下した

大阪の奉行衆が家康を弾劾するも、上杉討伐のため同行していた豊臣系諸将は小山評定において、一致結束して家康を支持し、石田三成を討つためにすぐ西上した

小山評定後、家康は居城である江戸城に帰って、じっくりと戦略を練り、準備を整え9月1日に江戸城を出馬

➃関ケ原の戦いでは、当日昼前まで石田三成の諸将は奮闘していたが、家康からの鉄砲の発砲に小早川秀秋が驚き突如寝返ったことにより、石田三成方の諸将は敗北した

➄関ケ原の戦いに勝利した家康は九月十五日の夜は、大谷吉継の関ケ原の陣屋に泊まった

このような『おなじみのストーリー』の名場面について、話の出所は軍記物、つまり現代的にいえば小説であり、根拠のない話なのです。

 

〈軍記物が描くフィクション〉

★東軍・西軍という呼称 ⇒東軍・西軍が軍記物で使用された 約100年後、その前は敵・味方

★「逆徒」と「神君」⇒三成を「逆徒」として記載したの は約70年後、「神君」の記載は 約110年が経過した頃、家康を 「神君」三成を「逆徒」として、 勧善懲悪の構図を確定していった

 

〈通説を一次史料から検証〉

★小早川秀秋の裏切り ⇒一次史料(9月17日付け連署状…戦況速報)によると開戦と同時に小早川秀秋などが裏切の石田三成方の軍勢は瞬時に敗戦した。「間鉄砲」の話は記載がない

★大山評定(おおやまひょうじょう) ⇒一次史料には、このことを証明する一次史料は存在せず、フィクションである可能性が高い

 

〈すりかえられた天下取りの戦い〉

関ケ原の戦いの勝因は前線で活躍した豊臣系諸将であり、家康は便乗しただけででした。勝利後に家康は都合の良いようにこじつけを行い、正義の戦いを演出して長く続く徳川支配を正当化していきました。

| 本のギャラリー | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本のギャラリー:国際映画祭って?

昨年は是枝裕和監督が「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞であるパルムドールを受賞したことが大きな話題となりました。世界中で映画祭と名のつく催しが開催されていますが、多くの映画を一定の場所で一定の期間上映する催しとのイメージしかありません。そこで、特に有名な国際映画祭について探ってみました。 店内でも関連展示を実施しています。来店の際はご覧ください。

 

★映画祭は2種類ある

映画祭は多数の映画を一堂に集めて上映する催しです。

‖燭の国が参加する国際映画祭。有名なところではカンヌ国際映画祭や東京国際映画祭などです。

△發Δ劼箸弔蝋颪輸出振興や文化交流の目的で自国の映画を外国で上映する催しです。フランス映画祭やイタリア映画祭などが日本では行われています。

 

★国際映画祭は公認が必要?

国際映画製作者連盟(1933創設)の規約にのっとって開催されるものが国際映画祭として正式に認められます。 コンクール形式の場合には最高賞としての「グラン・プリ(フランス語Grand:最高の、Prix:賞)」の名称も連盟の許可なくしては使用できません。

 

★国際映画祭の歴史は?

1932年イタリアのヴェネチアでの開催に始まります。第二次世界大戦で中断され、戦後フランスのカンヌ、ついでヴェネチアで再開、さらにベルリン、モスクワなど各地に設けられ、年とともに盛んになりました。

 

★世界三大映画祭

 

<ヴェネチア国際映画祭(イタリア)>

毎年8月下旬から9月上旬に かけて開催されます。最も古い歴史を持つ国際映画祭。 世界最大級の美術展覧会「ヴェネチア・ビエンナーレ」の映画部門として1932年に始まりました。そのため、別名「芸術の映画祭」とも呼ばれ、アート性が強い作品が多いと言われています。

最高賞は「金獅子賞」です。 1997年北野武監督「HANA-BI」が受賞しました。 バイオレンスシーンこの静寂など動と静の対比や凝った映像美が芸術性が高いと評価されました。

 

<カンヌ国際映画祭(フランス)>

毎年5月中旬に開催されます。ファシズムに対抗しようと、フランス政府の手厚い 援助を受けて、1946年にスタート。 最大の特徴は「マルシェ・デュ・フィルム」という、巨大な規模の「国際見本市」が併設されることです。審査委員が毎年変わるため、受賞作品の傾向は一定 ではなく様々になります。

最高賞は「パルムドール」です。 2018年是枝裕和監督「万引き家族」が受賞しました。家族という最も小さな社会の垣根を通じて日本が抱える様々な問題を描き出しました。

 

<ベルリン国際映画祭(ドイツ) >

毎年2月中旬に開催されます。 第二次世界大戦後、 東西に分かれたベルリン。 西ベルリンは大戦前より芸術の都として栄えていた ベルリンの芸術文化をアピールしたいという政治的 意図のもと、1951年にスタート。ベルリンという大都市で開催されるため、世界三大映画祭の中でも断トツの来場者数を誇り、規模が大きい。歴史的事情が関係しているからか、社会派の映画が多い傾向があります。

最高賞は「金熊賞」です。 2001年宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が受賞 しました。「日本人の原風景」を美しく表現しながら深いテーマ性を分かりやすくファンタジックに描き多くの人の共感を呼びました。

 

★東京国際映画祭

日本で唯一開催される国際映画製作者連盟公認の国際映画祭です。毎年秋に開催され、今年で第32回目です。 日本およびアジアの映画産業や文化振興に貢献しています。また、会期中は様々な関連イベントが実施されます。

| 本のギャラリー | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本のギャラリー:織物の手作り作品展を開催しました。

2019年1月24日木曜日(初日のみ11:00から)

       〜2月7日木曜日(最終日16:00まで)

会場:喫茶にじのまど店内のギャラリースペース

 

近隣在住で織物をされている仲間の皆さんが、

日ごろからコツコツと織りあげた作品の展示と即売を行います。

お気軽に立ち寄って、ご覧ください。

 

手織りのマフラー裂き織のバッグ

手織りのマフラー      裂き織のバック

 

本日より展示・即売が始まりました。

壁一面に下がったマフラー、ピアスなどの小物、

バックなど多数の作品が展示されています。

見るだけでも楽しくなります。

織物展示の様子4織物展示の様子1

織物展示の様子3織物展示の様子2

展示の様子

 

7日(木)に作品展が終了しました。

多くの方が展示に目をとめて頂き、色合いや様々な折り方、

裂き織の細かさ、など感心されていました。

作品を作成された方々も喜んでいらっしゃいました。

 

 

 

| 本のギャラリー | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本のギャラリー:切手から星座を知る

 

夜空を見上げても星が数えるほどしか見えなくなり、星に対する興味が失われて久しくなります。しかし、この冬は星座切手を眺めながら夜空に描かれる星座を探してみようと思います。皆さんも一緒に星座を探してみませんか?

 

星座切手のシリーズとは?

星座をテーマにした切手のシリーズがあります。澄んだ青を基調とし星が金色に輝き少し幻想的な雰囲気を感じる切手です。一枚の切手の中に星座の星の並び とイメージ画が描かれていて、 星座が大変分かりやすいです。この星座切手をきっかけに、星座を調べてみたり、眺めてみたり、しようかなと思うようになりました。

 

星座切手

「星座シリーズ」(第1〜4集)

  手紙文化と自然科学の両分野の振興を 目的として、客からの要望が多かった 「星座」テーマとした切手が発行された。 大きいサイズの切手。

 

「星の物語シリーズ」(第1〜5集)

  人々が見上げて感じる宇宙の雄大さ、 星の神秘といった物語性を切手から イメージしやすいように題名がつけ られて発行された。小さいサイズの切手。 

 

*右の切手は上の大小が『ふたご座』で、下の大小が『おとめ座』です。

 

 

店ではシリーズ全てではありませんが切手を四季の天体図と組み合わせて展示していますので、来店時にはご覧ください。

 

 

| 本のギャラリー | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本のギャラリー:天守〜城のシンボル〜

私たちが「城をイメージしてください」と言われると思い浮かべるのは高くそびえる天守だと思います。しかし、天守は城のほんの一部にすぎませんが城の持つ個性が表れている場所でもあります。天守から日本の城を考えます。本のギャラリーではクラフトを展示して、具体的に説明しています。ぜひ、ご覧ください。

 

★ 城の発展

「城」と言う言葉は「土より成る」が語源で、最初の城は地面を掘って土を盛ったところから始まります。

弥生時代・飛鳥時代には柵や堀を設けた程度でしたが、 南北朝時代に飛躍的な発達を遂げました。

戦乱が激しくなり、軍事的に有利な地形である山の上に臨時の城を築き始めます。これが山城です。

戦国時代に入り、織田信長によって築かれた安土城は本格的な石垣造りの天守と呼ばれる高層建物を持ち、城の周囲に武士を居住させ、城下町の機能もみられる、最初の城となります。

さらに、豊臣秀吉が平野部に本格的な石垣造りの城である大阪城を築き、武家屋敷や城下町も整備した都市型の城郭へと発展させ、政治・経済・文化の中心として機能することになり、江戸時代まで続いていきます。

 

★城の構成要素

 城を築き上げる最大の目的は、敵から身を守ることです。守りやすく、攻め難い城のための工夫があります。ひとつとして同じ城は存在せず、築城主や当時の時代背景など様々な物語がそこにはあります。城の構成を知ることで、物語が見えてきます。

‘貭イ…城全体を大きさ、堀の幅や石垣の高さなど、 城づくりのすべてを決める設計が縄張りです。

∪亞…天守や櫓など建物の土台や城壁に採用された 石を積み上げて高くしたものです。

8弩(城門)…「こぐち」と言い、戦時には防備の最前線で、敵兵の侵入を防ぐ工夫がされています。

づ變檗λ…土塁と堀は敵がたやすく城に近づくのを防ぐ、 もっとも基本の防備設備です。

ヅ啓…遠くを見ること、指令等となること、権威の象徴など、多くの役割を持っています。

ο…防御を担う重要な建物で、物見や射撃の場として使われました。物資の貯蔵の場でもありました。

Ц翕…城内に設けられた城主の住まい。接客・対面・儀式などの政治の場でもありました。

┥覯篠…武家、商人や職人を城の周りに整然と区分けし配置して住まわせたが計画都市、城下町です。

 

★城の象徴・天守

 江戸時代末期にも200基以上はあったとされる天守も、現在まで江戸時代当時の天守が残っているのはわずかに12基です。明治の廃藩置県やその後の戦争で多くが失われました。しかし、城の象徴として大阪城や名古屋城をはじめ多くの地域で復元されています。天守について考えていきます。

【織田信長の存在】

 天守がはじめて築かれた城は織田信長が築城した安土城です。城の最も高所に高層建築物を築き、自分の居住施設として、「てんしゅ」(天守閣という呼称は幕末以降にできた俗語)と呼ばせました。天下布武のシンボルとして天守を築き、織田政権の誕生と天下統一事業の進展を視覚から各地の戦国大名や民衆に知らしめました。その後、織田家臣団の城にも天守が築かれるようになっていきます。

【天守の構造】

<望楼型天守(ぼうろうがたてんしゅ)>姫路城

最初に登場したスタイル。

当時、有名な寺院や有力者の邸宅に

採用された入母屋(いりもや)造りの

建物の上に物見の望楼を載せるため、

外観が複雑な感じがします。

姫路城(写真)等。

<層塔型天守(そうとうがたてんしゅ)>宇和島城

一階から最上階まで、規則的に低減させて

順番に積み上げていく塔のような形式です。

藤堂高虎が築城した今治城に初めて採用され、その後の主流となりました。

松本城・宇和島城(写真)等

【現存天守12基】

彦根城(岐阜県)・松本城(長野県)・伊予松山城(愛媛県)・ 犬山城(愛知県)・姫路城(兵庫県)・高知城(高知県)・ 松江城(島根県)・丸岡城(福井県)・宇和島城(愛媛県)・備中松山城(岡山県)・弘前城(青森県)・丸亀城(香川県)

| 本のギャラリー | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |